ポケモンカード シールド戦

最近記事をあげていませんでしたが、シールド戦も落ち着いたため再度、投稿していこうと思います。

f:id:energy_tarou:20190705183850j:image

 

 

 今回は、シールド戦を終えて、参加前の練習も含め感想のようなレポートができたらと思います。一応入賞できたので参考になれば幸いです。

 

 まず初めに運よくシールド戦の参加申し込みにチーム三太郎(仮)が3人で全員参加できたので、だれか一人はsrだけでも……という気持ちで臨んでいました。

発売当日、朝から開店している近隣のショップにて、シールド戦の模擬練習を行いました。

練習での引きでは、タッグチームがリザテル1枚orカメポチャ+バナツタって感じでした。前日の第一回の配信でもそうでしたが、フィオネが活躍す場面が非常に多く、逃げエネが重いポケモンを逃がす手段として、キテルグマのキャリーランかポケモンいれかえが引けるかシールド戦においては重要と再確認。

次にエネ加速ですが、カメポチャ、リザテルはエネ要求がそれぞれ2個、3個色が決まっているのに対し、バナツタは草1の無3なのでエネのバランスが難しいシールド戦において非常に入れやすく動かしやすいこともわかりました、そこも踏まえ、加速はロトムorカイオーガがいいのではとおおよそのプランニング。

 引きによるのですがエンブオーのラインが完成できそうなら、1枚ずつでも採用すると後半の巻き返しを図れるのではとも考えました。

 

https://www.pokemon-card.com/assets/images/card_images/large/SM11a/036905_P_FUSHIGIBANATSUTAJAGX.jpg

 

 

実際にシールド戦を終えて。

その場の引きに左右されるこのシールド戦ですが、まず第一に言える必須カードはフィオネです。

 戦っていてフィオネが引けているかいないかで戦いの優勢が大きく変わると思います。実際いれかえ手段が少ないこの戦いのおいて非常に強力なカードでした。

https://www.pokemon-card.com/assets/images/card_images/large/SM11a/036926_P_FIONE.jpg

 

フィオネの引きもそうですが、対策としてあげられるポケモンギャロップキテルグマがどれだけ引けるかも大事かと思われます。ギャロップに関しては2枚ずつラインがそろっているならサブアタッカーとしても割と動けるので、おおよそ採用してもよいと思います。

 

大会での使用デッキは下のツイート通りです。

 

 練習の時のようにカメポチャ+バナツタが引けたため採用、おそらくTAGを引いたら皆採用するであると考え全部に弱点をつけるように炎タイプはエンブオーギャロップを採用、メブキジカはラインがそろったので大事な手札補充要因として採用ほかにドロサポとしてロトム採用といった感じですね。

 戦った後の修正すべき反省を上げるとすると、ドロサポ要因でしか使わなかったロトムは1枚の採用でよかったと思います。練習では超エネも採用していてエネ加速もロトムで行っていたので2枚いてもよかったのですが、メブキジカも引けたのでロトム1枚でもよかった気がします。

 トレーナーズカードに関しては基本引けたものすべて採用でいいと思います、そもそもそこまで引けないので……

今回はオーキドのセッティングで3色扱うことが割と可能なので3色デッキにするのは割とおすすめです。後半にオーキドひいてもフィオネを使った後ですぐにまたセットできるといった動きが強いと感じました。

 

今回は感想程度にご覧いただけたらと思います。

またシールド戦については記事にしてみたいと思います。